一昨日12/27がmeiyo今年ラストのライブ。
濱野くん、のぶくんとの貴重なスリーピース+同期(バンド演奏と電子機器による演奏を"同期"させる)という編成。

今年は5人でのmeiyoが多かったので3人のステージはいつもより広く見えて少し寂しかったけど、同期をがっつり使うとこんなふうになるんだなーと分かりよかった。
かちっとハマってるところもあり、難しそうなところもあり。
私からしたらほぼぶっつけ本番でよくできるねぇ、みんな天才?!という感じだ。

新宿LOFT、今年は何度もお世話になりました。

この日出演した方々の中で個人的に注目している上野大樹くんというシンガーソングライターは、フォークがルーツでありメロディや歌詞もいいんだけど、それよりも個性的な声と強い表現力で聴かせる人。

すばらしい弾き語り。良いんですよ~~~。

そして感動のシャンプーズ。
バンドと最前列のお客さんの絆……信頼関係……みたいなことを考えた。
またかっこいいバンドを知ってしまったなー。

夜はモザイクで侍文化を見てから1人で「わたくしごと」(私がずっと通っているいちばん好きな飲み屋)へ。
カウンターが好きな人たちで埋まっているときのわたくしごと、東京イチ幸せな場所になる。

もう2019年終わってよし〜というくらい濃い時間を過ごし、いい気分で寝ようと思ったけど、飲みすぎて帰れなくなった友人を私の家に連れて帰り寝かせてあげました。

今年も残すところあと2日。