1  魔法の呪文

会いたいと思う回数が なんとなく前より増えたな

会えないと辛いとか 思うほどでは ないけれど

先輩から 教えて貰った あのサイトに

「乙女なら先手必勝」 信じてみようかな


好きじゃダメ まぁ簡単めに言えば、今 君を愛してるよ

ときめきガール は 万端レディゴー 気分は上の上の上に移行して

シューティングスターにね 口裏合わせ 閉じた目 占いに従って

はらはらボーイ も 安心して今宵、魔法の呪文を呟くのさ

----------

三角な関係 僕はただの君の友達です

あの子の相談を受けても 答え出せないです

こんな思い 感じながら聞く 四畳半フォーク

来るはずない 未来のことを 考えてしまうのです

好きじゃダメ まぁ簡単めに言えば、今 君を愛してるよ

ときめきガール は 万端レディゴー 僕の方は上の上の上の空です

「占い信じて期待してても良い?」 思わせぶりな言葉にとうとう

はらはらボーイも 不安捨てて今宵 ストレートで投げてしまうんだ

----------

「今日のあなたの運勢は絶好調

ラッキーパーソンは親しい男性の友人です」

----------

好きじゃダメ まぁ簡単めに言えば、今 君を愛してるよ

ときめきガール は 万端レディゴー 気分は上の上の上に移行して

シューティングスターにね 口裏合わせ 閉じた目 占いに従って

いなせなボーイ 気取ってみちゃったり それを見て笑うのが僕の役目だ


好きなだけ

愛していたいだけ

君の魔法が解けないだけ




2  ロードムービー

その日は突然やってきた

君と僕は出会うのさ

何でもないよく晴れた土曜日

駅前の広場で


君は一匹の子犬を連れてた

僕はそれをただ見てた

子犬は僕の新品のスニーカーを

踏ん付けては 満足そうに

尻尾をフリフリ


「大丈夫」「ごめんなさい」を交互に繰り返して交互に歳とった

子犬の写真を見る僕らの目はあの頃のまま


いつか観たあのロードムービーのように

僕もいつか 旅に出る

足跡模様あしらったスニーカーと

君の写真 忘れないように

まだあと少し、だけどもうすぐ




3  シトラス

騙されていた

そんなこと どうでも良いのさ

もう分かってたから

例えるならば

「白上げて 赤上げないで」みたいな


手紙はそう告げた途端に途切れたのさ一切の

跡形も残さぬように綺麗に

「未練はない、もう諦めるしかない。」(強がり)

隠せないなぁ「君が好き」ってこと


問題ないですか

僕が居なくても変わりませんか

おめおめと会社に向かうんだ

そういう風に出来ている

でも信じて 待っている


シトラスのような香りで

まだ君の姿思い出しちゃうよ

あぁもうそれとさ、水色の服似合わないって教えてあげなきゃ


君と僕、二人じゃないと

この旅の続きが心配よ

僕が居なくて寂しくないと寂しい

……ところでなんでこんなに悲しいのか

あれ、もう忘れちゃった。

君の笑った顔


「問題ないからね

大事にした気持ちなんてとうに

煙のように 消えていて

吸い殻だけでした」

って内容の

下書きを消してまた書いて送信

1秒で返事が届くんだ

英文長文待った無し

完全な敗北 次の恋

シトラスの香りだけは




4  日々のこと

黒い魔物が住む部屋に僕は居候

灰は姿見せずにその時を待っている

居心地悪くは無いけれど

いつかは自分の家が欲しい

期待されればされる程

パズルゲームが楽しく思える

焦燥感はいつだって

平等に訪れるんだ

高速道路走っても

その速さ、敵わないんだ

あのストロボ光るステージ

魅力的な不細工が立ってる

僕はそれを観て何か思って

またあなたに会いたくなった




5  あてのない

親指を掴む

小さな体温は

あくびをしている

泣いて、たまに笑って


一日が終わる

今日がまた始まる

淡々と繰り返す毎日を

歩いて たまに走って


どれだけ愛しく思っても

最後の最後は訪れるんだ

きっとお前は上手くやれる

だからその時はよろしく


公園の砂場で

トンネルを作る

四時半の合図

そろそろ 帰らないと


どれだけ愛しく思っても

最後の最後は訪れるんだ

きっとお前は上手くやれる

だからその時は


ダメな奴らとは仲良くするなよ

タバコはハタチまで我慢しろよ

生きる意味とか恋愛観は

考え出すとキリが無くなるぞ


どれだけ愛しく思っても

最後の最後はもう目の前だ

きっとお前は上手くやれる

だからその時はよろしく




6  ゆったりと

孤独とはそれ狭心症まがいのもの

それはいわゆる先天性モダニズム

痛けりゃ痛いほど生きてると感じて

しまいにそれを美しく演じて


愉快に歌うSOSと

それを嫌がるetc.

そんなやつらと平行線の

言葉はまるで

ナイフと針を交互に突き刺すとか

「どちらか一方を選べるんだ」とか


それはそうと

意識はあるかい?それともないのかい?

少なくとも元気は無いね、それはわかるよ


​気象衛星景色はいかが?

いつも答えはないけど

スペースシャトルが打ち上がり

僕らの心は舞い上がり

それでいて最後が来ることを

何となく感じている

思い描いた理想ではなくても

それはそれでと言える強さを

(それで君は)

思い描いたままの理想像も

(こう言うだろう)

叶ってしまえば凄くつまらないものかもしれない、そうでしょ

視界良好 世界の今が

いつも答えじゃないから


スペースシャトルが打ち上がり

僕らの心は舞い上がり

それでいて最後が来ることを

何となく感じている

YES NOの二択しかない問題に

僕は今、悩んでいるんだ




7  I'm Alone

昔誰かが言ってた

「音楽は皆の為に書くのではなく ただ1人に向けて書くといいんだよ。

そういう曲が、そう巡り巡って皆のそれぞれの歌になる」

それならばもう 僕が歌いたい相手は決まってる


ナウエビバリセイ

I'm Alone...

ナウエビバリセイ

I'm Alone...


大好きだから

I'm Alone こんなにも 名前 呼んでしまうよ

ナウエビバリセイ I'm Alone I'm Alone

I'm Alone


あぁ今何してるの?

運転手はもうやめたの?

毎日毎日毒舌テッパンの

ネガティヴ ともまた一味違う

言葉聞かせてよ 呟いてよ


ナウエビバリセイ

I'm Alone...

ナウエビバリセイ

I'm Alone...

この曲がきっとみんなそれぞれの歌になるように

願ってるよ I'm Alone…


I'm Alone


さぁ

I'm Alone...

ナウエビバリセイ

I'm Alone...

大好きだからI'm Alone

こんなにも名前呼んでごめんなさい はぁ…

でもやっぱり呼びたくなるよ

最高!他にはないよ

I'm Alone I'm Alone

take me home


I'm Alone




8  スーパースター

スーパースターになんて

なれないと言った君は

優しい目をしていた

それだけで僕は


君はいつも決まって夢中になると

僕の話を聞いてくれない

とりあえずコーヒーを飲んで膝を組んだ

君はいくつもの夢を持っていて

僕はそれを羨んで見てる

がむしゃらにもがいてる君に

「凄いなぁ」って言うことだけしか


スーパースターになんてなれないと言った君は

優しい目をしていた それだけで僕は

スーパースターにだって負けないのにって思った

でも言葉では伝わらない その瞳が僕は


カレンダーにはたくさんの会社の名前

壁には受験生のソレによく似た紙

引き出しの中 いくつもの 台詞

もう開ける事はないのだろう


スーパースターになんてなれないと言った君は

僕だけの人になってしまった

後ろ手には 捨てられないモノ

優しい目も少し淀んでいた


数年経って君は引き出しの鍵を開けて

懐かしいだなんておどけたけれど

僕の声は届いてないみたい


あの頃と同じ

優しい時間が

僕にコーヒーを飲ませた




9  サースティ

口を開けば文句ばっかし

喉は乾かないの?

さよならまた会う日まで

そんな月並みな言葉さえ 僕は信じてしまうよ

大好きなみんなはもう

階段の一歩上の上のまたその上で

僕を待っているかな

文句ばっかし 馬鹿馬鹿しい

喉は乾かないの?

さよならまた会う日まで

そんな月並みな言葉さえも 僕は信じてしまうよ

大好きなみんなはもう

階段の一歩上の上のまたその上の

そのまた先のまた上の

上で僕を待ってる




10  数字は嘘をつかない

いつかは僕も口にするそのフレーズは

なんとなく回答が読めるから後回し

ABの どっちが どんだけ 期待出来るかな


愛してる 愛してる ただそれだけの感情も

伝わらない 伝えられない 不甲斐ないなりの『計算』

恋をした 恋をした ただそれだけの現象が

僕を今 こうして足踏みさせるのは

数学も証明してる


予想外れの雨の中 走るロックスター

げげげげ、ロックスターだからって雨に濡れないわけじゃないのにどうして?

傘をさした方が良いんじゃないかな


数字は嘘をつかない

例えば失敗する確率が

3/4だって良いのに

半分の鼓動はどうして倍になっていく?


1+2 よりも単純な答えだった


愛してる 愛してる ただそれだけの感情も

伝わらない 伝えられないような人間だ 誰だってきっと

恋をした 恋をした ただそれだけの現象が

僕を今 ここまで突き動かしているのも

同様に確からしい

数字は嘘をつかない




『羊の皮をかぶった山羊  Goat in the sheep 』-1st Album

▶Apple Music

https://music.apple.com/jp/album/羊の皮をかぶった山羊/1438342874

▶Spotify

https://open.spotify.com/album/2CV81WZZvF7TQcouSvUZJv?si=1dHufldETH6vDq1m6LYwuQ


All Songs Written by meiyo